第6章 「表示」メニュー  
 
1.「標準ツールバー」コマンド
メニュー項目の下に表示されます。このツールボタンはファイル操作や、画像の編集などが1回のボタン操作で使用できます。ツールボタンはクリックすれば選択できます。
 
   
2.「スケールツールバー」コマンド
    画面下側に表示されるツールボックスの表示、非表示が選択できます。このボックスは画像の寸法解像度の決定とルーラー(目盛り)の表示設定ができます。
   

   
3.「収差補正ツールバー」コマンド
    撮像レンズの収差を補正します。
 

   
4.「プロパティ」コマンド
    画面下側に表示される3種のツールバーです。設定は、対象となるトレース線やテキストまたはラベルを次項の測定ツールコマンドの「選択ツール」で選択してから設定します。
 
 

 
@ 線ツールバー
 画面左下に表示されます。作成したトレース測定線と寸法表記ラベルの四角線を設定変更できます。
 ・線の表示/非表示 : 選択したトレース線を表示や非表示に切り替えます。
 ・線種リスト : 実線や点線、破線など6種類の線種を選択できます。
 ・線の太さ : 線の太さ設定です。単位はポイントと成ります、0ポイントで最小幅になります。
 ・線の色 : 線の色を選択できます。ボタンを押しますと下記のダイアログで色を選択します。
 ・線の標準設定 : プログラム標準の青色で0ポイント線に変更します。
 ・線の規定値に設定 :変更した設定を規定値に設定します。次のトレースに反映されます。 
 
A 塗つぶしツールバー
   画面下の線ツールバーの右側に表示されています。多角形や矩形などの面積を持ったツールやラベルの内側の塗つぶしを設定します。
 ・塗つぶしの表示/非表示 : 選択された多角形などのトレース線内側に塗つぶしの表示と非表示を切り替えることができます。
 ・塗つぶしパターン : 全面塗つぶしや10種類のラインパタンーでの表示が可能です。
 ・塗つぶしの色 : 塗つぶしの色を選択できます。ボタンを押しますと線の色と同様の色設定ダイアログが表示されますので、必要な色を選択してください。
 ・塗つぶしの標準設定 : プログラム標準の塗つぶし色の黄色に設定されます。
 ・塗つぶしの規定値に設定 : 変更した設定を規定値に設定します。次の塗つぶしに反映されます。
 
B フォントツールバー
   画面下の塗つぶしツールバーの右側に表示されます。フォントの各種設定が可能です。
 ・測定値の小数点以下の桁数 : 測定値を表示する数値の小数点以下の桁数を設定します。
 ・ラベルスタイル : 測定値を表示するラベルの表示スタイルを設定します。
表示スタイル 1、測定項目  2、測定値  3、測定項目と測定値 4、測定項目と枝番号と測定値  

測定項目  A=面積  L=長さ  W=水平方向の幅  H=垂直方向の高さ 

        R=半径  D=直径  θ=角度
 ・フォント : リストに登録されたフォントが使用可能です。 @マークの付いたフォントは縦書き用です。
 ・ラベルの回転角度 : 測定値を表示するラベルを90度ごとに回転させることが可能です。
 ・フォントの色 : フォントの色設定が可能です。ボタンを押しますと線の色と同様の色設定ダイアログが表示されますので、必要な色を選択してください。
 ・フォントの標準設定 : プログラム標準のフォント色の黒に設定されます。
 ・フォントの規定値に設定 : 変更した設定を規定値に設定します。次のフォントに反映されます。
   
 
5.「測定ツールバー」コマンド
  画面左側にトレース計測のためのツールやテキスト表示、トレースオブジェクト編集用のツールがあります。
   

  一度指定したトレース線はマウスのドラッグを利用して移動や大きさの変更が可能です。使用方法は第8章「測定」メニューを参照してください。
6.「ステータスツールバー」コマンド
    ステータスバーはウインドウの下に現在選択されているボタン名や画像の情報が表示されます。
 
  ・左側にマウスで選択されているボタン名
・画像サイズ    横ピクセル数×縦ピクセル数
・マウスの位置  左上をX0Y0の座標とした場合のマウスピクセル座標
・表示倍率     表示サイズ:実際のサイズ
 
7.「表示倍率」コマンド
   画像サイズを変更せずに拡大表示したり、縮小表示したりします。表示されたリストを選択しますと、画像の表示倍率が変更されます。
 
 
8.「ズーム」コマンド
   画像サイズを変更せずに拡大表示したり、縮小表示したりします。コマンドまたはズームボタンをクリックすると画像上でのカーソルがレンズ記号表示に変わります。
 画像上でレンズ記号の中には+記号が表示されており、拡大の意味を示しております。マウスの左ボタンをクリックすると縦横が倍の大きさに表示されます。
  「Shift」キーを押すとレンズ記号の中が+記号から−記号に変わり、「Shift」キーを押しながらマウスの左ボタンを押すと縦横が半分の大きさに縮小表示されます。
 ズームボタンを押した後はこのモードが持続され範囲選択などは行えません。ズームモードの解除はマウスの右ボタンをクリックすると解除できます。拡大縮小率はマウスボタンをクリックする毎に2または1/2倍で表示します。拡大縮小表示を行うとステータスバーに表示倍率が表示されます。
 
9.「ハンドスクロール」
   ウィンドウ内の画像をマウスで移動できます。 
コマンドを選択しますと、マウスポインタの形状が手のマークに変わります。マウス左クリックしますと、マウスポインタが手を握った形状に変化し、マウスドラックしますと画像が移動します。