簡単使用例 3 ナビゲータを使う
   ナビゲータを使用しますと、測定画像を拡大表示しながら画像の表示位置を簡単に変更できます。より高精度な測定を簡単にできます。
@ オプションメニューの「環境設定」を選択します。(必ず必要ではありません)
 
環境選定ダイアログの「常時ウィンドウフィット」のチェックを解除し「OK」ボタンを押します。
A 測定画像を開き、画面上中央付近のナビゲータボタンを押しますとナビゲータウィンドウが表示されます。
  ナビゲータウィンドウには、常にアクティブな画像全体と画像ウィンドウに表示された範囲を赤矩形で表示します。
 
B 測定ツールを選択します。(例 画面左の直角距離ツール
C ナビゲータウィンドウにマウスを移動し、マウススクロールボタンを手前に回しますと画像が拡大表示されます。
  測定に必要な倍率まで拡大します。
 
D ナビゲータ上の基準線ポイントを指定しますと、画像ウィンドウの表示が指定された位置に変わります。
 
E 画像ウィンドウ上の基準線ポイントマウス左クリックし、ナビゲータ上の次の基準線ポイントを指定します。
 
画像ウィンドウが指定した位置をに変更されます。画像ウィンドウ上の基準線ポイントを指定しください。
直角距離の基準線が決定します。
F 基準線からの直角距離ポイントを指定します。前記同様ナビゲータをマウスクリックします。
  測定ポイントをマウス左クリックしますと、マウスポインタ先端に新しい線が表示されます、
  他の測定ポイントを測定する場合は、続けて作業してください。
 
G 測定ポイントの指定が終了しましたら、マウス右クリックをしますと測定が完了します。