第9章 「計測」メニュー  
4.「手動計測」コマンド
画像上で描画ツールを使い、各ツールを描画することで寸法の計測が可能です。
@ コマンドの選択
「手動計測」コマンドを選択するとダイアログボックスが表示され、「描画ツールボックス」(セレクトボックス)がアクティブになります。
A 測定ツールの操作
  1)描画
1-1) シンプルツール
・画像上でマウスを左クリックしマウスを移動し目標ポイントを必要回数左クリックします。
・手動計測ダイアログの表に計測値が表示されます。
※矩形でも半径や直径が表示されます、これは面積で算出した仮想値です。
    1-2) 多角ツール
 
・画像上でマウスを左クリックし次の目標ポイントで左クリックを繰返します。
・描画を終了する場合は、右クリックを押します。多角形は最終点と始点を直線で自動的に結びます。
      ※マウス左ドラックでは連続的にポイントを作成し、自由に描画可能です。
・手動計測ダイアログの表に計測値が表示されます。
1-3) 複合ツール
 
・画像上の基準とする点でマウスを左クリックしポイントでマウスを移動し、もう1つの基準上で左クリックをし基準線を表示します。
・マウスの位置に沿って作成した基準線と直角な線または平行な線が表示されますので画像上の測定したいポイントで左クリックをします。次に測定したいポイントが有ればマウスを移動し再度左クリックしてください。
・描画を終了する場合は、右クリックを押してください。
・手動計測ダイアログの表に計測値が表示されます。
1-4) 水平・垂直ラインを作成する
        ・水平ラインを描画する場合は、画像上の基準とする点でマウスを左クリックし「Shift」ボタンを押しながらマウスを水平方向に移動して目標ポイントで左クリックしますと水平ラインが描画できます。
・垂直ラインを描画する場合は、画像上の基準とする点でマウスを左クリックし「Ctrl」ボタンを押しながらマウスを垂直方向に移動して目標ポイントで左クリックしますと垂直ラインが描画できます。
  2)計測ラインの修正
  描画した計測ラインの位置を修正することができます。
2-1) 端点を移動する
  描画された計測ラインの端点にマウスを合わせますと十字線にマウス形状が変化します。そのままマウスを左クリックしドラックしますと端点が移動します。
2-2 )全体を移動する(描画されたラインの角度や長さを変えず移動)
  描画された線の端点にマウスを合わせますと矢印十字線にマウス形状が変化します。そのままマウスを左クリックしドラックしますと描画された端点が移動します。
※直角距離・平行距離の描画線は移動できない端点もあります。
3)計測ラインを確定する
  ※半角スペースを描画が完了した後に半角スペースキーを押すますと、計測ラインが確定し計測番号が表示されます。
続けて同じ描画ツールで別の場所に測定することが可能です。描画ツールボックスの別のツールを選択して測定を開始できます。押さなかった場合は、マウスの右クリックで全ての計測データと計測ラインが消去されます。
B キャリブレーション用目盛り測定例
  キャリブレーション用の目盛り計測は以下の手順で実施してください。
  3-1) キャリブレーション切替ボックスで「Picel]を選択
3-2) 平行距離ツールで目盛りに合わせライン描画します。
3-3) 計測結果が表の距離項目に表示されます。
3-4) キャリブレーションダイアログYX解像度の入力値計算
  入力値=計測ピクセル数/目盛り数値(キャリブレーションの指定単位) 
445=356/0.8  となります。
C 「ラベル画像」ボタンをクリックすると選択した範囲や番号を画像に描画した新規ファイルを作成しますので、印刷やファイルとして保存することが可能になります。
D「Excel出力」ボタンをクリックするとExcel Sheetにデータを転送します。
 
E 画像内の基準を水平または垂直にする
  画像内の基準ラインを水平にする為に画像を回転します。
1) 直線ツール を選択し画像内の基準に描画します。
2) 手動計測ダイアログの「水平基準」ボタンを押しますと、画像の基準を水平に回転します。
 
また、「垂直基準」ボタンを押しますと、画像の基準を垂直に回転します。
F マウスポインタ先端に水平・垂直ラインを表示する
  「F7」ボタンを押しますとマウスポインタ先端に画像ウィンドウに水平・垂直ラインを表示します。もう一度「F7]ボタンを押しますと解除されます。  
以下、垂直平行距離測定方法を説明します。
  1) 手動計測メニューで「F7]ボタンを押します。
2)「平行距離」 ツールを選択します。
3) マウスの垂直線を目標の左端に合わせマウスを左クリックします。(下左図)
 
4) 「Ctrl」ボタンを押しながらマウスを下に移動し、左クリックして基準線を描画します。
5) 基準線と平行な平行線の位置を決定しマウス左クリックしてからマウス右クリックします。測定値がダイアログのリストに表示されます。
 
6.「手動カウント」コマンド
  マウスとスペースキーで画像上にカウントができます。
@ マウスで画像の対象上で左クリックをします。
A この時点で表示されたマークは、マウスで移動可能です。
B マークの位置が決定したら「スペース」キーを押します。番号が表示されます。
C カウント表示された画像を、保存するには「リターン」キーを押し名前を付けて保存してください。
カウント文字の色を変更する場合は、「描画設定」でフォントの色を設定してください。(フォントサイズは変更できません。)