第8章 「画像処理」メニュー  
8.「色抽出」コマンド 
  @ 色を抽出要因として対象物を抽出します。ワークの色による選別などに有効です。画像解像度には特に制限はありません、グレイスケール画像でも可能です。コマンドを選択すると「色抽出」ダイアログボックスが表示されます。
    A 「採取色」では赤、緑、青の色構成要素ごとに輝度値を指定できるようスクロールバーがあります。指定方法には2種類あり、一つはそれぞれのスクロールバーを移動するかまたは「色」テキストボックスに数字を入力して「Enter」キーを押すことにより指定できます。
B もう一つの方法は「色抽出」ダイアログボックスを表示させた状態で、画像上でマウスの左ボタンをクリックするとクリックされた位置の色構成が自動的にスクロールバーに入力されます。
    C 「許容差」入力ボックスではそれぞれ色の指定色からの抽出範囲を±で指定します。範囲を調整することにより目的の対象物が抽出できるよう調整して下さい。
D 指定した3原色の合成色が下側の色ボックスに表示され、登録色指定番号がリストボックスに表示されます。指定する色を複数選択することが可能で、最初は「Color1」が表示されます。
E 「追加」ボタンをクリックするとリストボックスに「Color2」が表示され、選択色を追加することができます。「Color2」が表示された状態で色構成をスクロールバーまたはマウスによって選択すれば抽出色を追加できます。抽出色の追加は同様な操作で数十色可能です。
F 一度登録した色でも色構成の変更は何度でも可能です。またリストボックスで番号を表示した状態で「削除」ボタンをクリックすると登録を削除することができます。
G 「対象物色」では抽出された対象物の表示色を「色保持」、「黒」、「白」の中から選択できるようになっています。
H 「背景色」では対象物以外の背景色を「色保持」、「黒」、「白」の中から選択できるようになっております。
I [新規画像]チェックボックスをマークすると処理後に新しいイメージを作成し、マークしない場合は選択画像に上書きします。
J 「更新」ボタンをクリックすると設定した内容で選択画像の中から指定色のみを抽出し表示します。
K 「リセット」ボタンをクリックすると色抽出した表示を元の画像に戻します。
L 「適用」ボタンをクリックすると設定した内容の色抽出を行って画像を作成し「色抽出」ダイアログボックスを閉じます。
M 「終了」ボタンをクリックすると「色抽出」ダイアログボックスを閉じます。
N 下記の画像では、特定色を黒にして対象物を抽出しました。次に二値化し対象の解析を実行します。