第8章 「画像処理」メニュー  
1.「空間フィルター」コマンド
  @ 「フィルタータイプ」は下記の23種類  (No2)
  ラプラシアン
2次差分型のエッジ抽出オペレータで、山型のラインやルーフエッジに有効です。カーネル次元の大きさを4種類選択でき、さらにカーネルの内容を変更することが可能です。
    ・ 最大:
 
隣接画素の中で最大の輝度値を探し、隣接画素を最大輝度値に変換します。白い部分が増加します。カーネル次元の大きさを4種類選択できます。
    ・ 最小:
 
隣接画素の中で最小の輝度値を探し、隣接画素を最小輝度値に変換します。黒い部分が増加します。カーネル次元の大きさを4種類選択できます。
中間値
     
      隣接画素の中で最大と最小の輝度値を探し、隣接画素を最大輝度値と最小輝度値の中間値に変換します。カーネル次元の大きさを4種類選択できます。
・ 膨張:
 
画像で輝度値の高い(明るい)部分の膨張処理を行います。カーネル次元の大きさを4種類選択でき、さらにカーネルの内容を任意に変更することが可能です。
・ 収縮:
 
画像で輝度値の高い(明るい)部分の収縮処理を行います。カーネル次元の大きさを4種類選択でき、さらにカーネルの内容を任意に変更することが可能です。
オープン
 
収縮処理の後膨張処理を行います。明るい部分の細かい凹凸や溝を除去するのに有効です。カーネル次元の大きさを4種類選択でき、さらにカーネルの内容を変更できます
  ・クローズ:
 
膨張処理の後収縮処理を行います。明るい部分の細かい凹凸や溝を検出するのに有効です。カーネル次元の大きさを4種類選択でき、さらにカーネルの内容を変更できます
    トップハット
 
元画像からオープンした画像を減算します。明るい部分の抽出に有効です。カーネル次元の大きさを4種類選択でき、さらにカーネルの内容を任意に変更できます。