第14章 ソフト組込機能  
 
  Image Factoryの機能を独自のソフトウェアに組み込むことができます。ImageFactoryは他のアプリケーションにオブジェクトを公開しているOLEサーバーです。従ってImage Factoryの幾つかのオブジェクトを他のVisual Basicアプリケーションから操作することが可能です。以下に簡単な使用方法とサンプルプログラムについて説明します。
    1. Visual Basic( Ver.4.0以降)、Image Factoryをインストールして下さい。
2. Visual Basicを起動してください。
3. 「ツール」メニューの「参照設定」コマンドを選択し、「参照可能なライブラリファイル」の中の「Image Factory OLE Server」をチェックしてください。Image Factoryをインストールすると通常リストに表示されますが、表示されない場合は「参照」ボタンで「ImageFactory.exe」を指定して下さい。
4. 次ぎに「表示」メニューの「オブジェクトブラウザ」を選択し、参照されるオブジェクトライブラリを確認して下さい。「ライブラリ・プロジェクト一覧」の中からImage Factoryオブジェクトを選択して下さい。オブジェクトブラウザに表示される「メッソッド」、「プロパティ」はすべて作成中のアプリケーションで使うことができます。
5. 以下にサンプルプログラムを示しますので参考にしてアプリケーションを作成して下さい。
     
    '*********************************************************************
' Name : VB sample of invoking ImageFactory from user's application
' Author: Imsoft Co., Ltd.
' Date : 2002/11/24
'*********************************************************************
Public Sub CallImageFactory()
' オブジェクト変数の定義
Dim insImgFact As ImgFact 

' マクロ実行モードの定義
Dim RunMode As Integer

' 戻り変数の定義
Dim nRet As Boolean

' ImgFactoryのインスタンス作成
Set insImgFact = New ImgFact

' 画像ファイル開く
nRet = insImgFact.OpenImage("c:\ImgFact\Image\Example.bmp")
If Not nRet Then Exit Sub

'キャリブレーションデータファイルを開く
nRet = insImgFact.LoadCalibration("c:\ImgFact\Image\Example.clb")

' マクロファイルを開く
nRet = insImgFact.LoadMacro("c:\ImgFact\Macro\Example.Mac")

' 測定結果をテキストファイルに出力する
insImgFact.SendToFile = True

' 測定結果の出力ファイル名を設定する
insImgFact.ResultFileName = "c:\ImgFact\Data\Example.dat"

' 測定結果をExcelに出力する
insImgFact.SendToExcel = True

' マクロ実行モードを選択する 
' 0: 連続実行モード
' 1: 確認修正モード
RunMode = 0 

' マクロ実行
nRet = insImgFact.RunMacro(RunMode)

' マクロ実行後の最終画像をファイルへ保存
nRet = insImgFact.SaveImage("c:\ImgFact\Data\Test.bmp")

' 画像をすべて閉じる
insImgFact.CloseAll

' ImgFactoryのインスタンス解放
Set insImgFact = Nothing
End Sub