第8章 下地補修図  
 1.元図の設定
   元図に基準点を設定しBDFファイルで保存します。
 
 
2.手書き図面の設定
   手書き図面に基準点を設定しBDFファイルで保存します。
   
 
3.マークの設定
  @ マークメニューの「マーク名前設定」を設定
   
  A マークの名前登録ダイアログが表示されます。各マークに名前を入力し単位を選択して「OK」ボタンを押してください。
   
   ・各マーク名前のマークの表示色は、ABC字色でマークが表示されます
  ・
マークの名前は自由に付けることが可能です。
  ・単位はコンボリストに登録された単位のみが使用できます。
 
4.マークの描画
  @ 必要なマークボタンを選択して、表示する場所でマウス左クリックしてください。マークが表示されます。
   
  A マウス右クリックをしメニューを表示し、項目を選択してください。
 
B テキストボックスが表示されます。数値を入力し「OK」ボタンを押してください。
 
C 数値が表示されマークの色が変わります。
 
D マークサイズの調整は、マークのアンカーポイントをマウスで選択して移動してください。次のマーク作成に変更したサイズが反映されます。
 
E マークの数値のフォントや位置は、画面下のフォント設定を使用して変更してください。
 
 
5.補修部又は診断内容のトレース
  @マークや描画ツールの診断メニューを使用しトレースしてください。
   
  ABDFファイルで保存してください。
 
6、矢印
  @「矢印」ツールを選択します。
  
A マウスで矢印の位置を指定しトレースします。
  
B 矢印のサイズを調整します。オブジェクトメニューの「「矢印プロパティ」を選択します。
  ダイアログで矢印の長さと高さを調整します。
      
 
 
、トレース合成
  @元図のBDFファイルを開き、トレース合成ボタンを押してください。
   
  A前記保存した、手書き診断図BDFを選択し合成します。
   
  B ラベルの変更は、画面下のフォント設定や塗つぶし設定を使用して変更してください。
 
、Excel出力・集計
  第7章 初期診断の9.Excel出力・集計を参照してください。