第 10章 その他の機能  
1.色比較
  壁面の色をグラフ化できます。変色の具合をヒストグラムで確認できます。
   @ イメージメニューより「色比較」を選択してください。
  
A 画像上に赤と青2つの矩形と矩形内の色構成ヒストグラムが表示されます。
 
  ヒストグラムは、RGB(赤、緑、青)の色成分がグラフとして表示されます。
  矩形をマウスで移動したり、サイズの変更ができます。比較する画像の位置にマウスを
  移動してください。
B ダイアログの「画像に」ボタンを押しますと、ヒストグラムの新しいウィンドウが作成されます。
  画像に貼付けたり、Wordなどのレポートに利用することができます。
 
2、ルーラ
  画像にルーラ(目盛り)を表示できます。簡単な水平・垂直方向の測定も可能です。
@ スケールメニューの「ルーラー」を選択してください。
  
A 設定ダイアログが表示されます。
   種類:水平方向ルーラーと垂直方向ルーラー表示する種類にチェックします。
   位置:中心固定は画像の中心に水平・垂直方向のルーラーを固定し表示します。
   目盛り間隔:基準点設定で設定した単位で1目盛りの間隔を入力します。
           同時変更にチェックを入れますと、水平・垂直の目盛り間隔が同一になります。
   目盛り高さ係数:目盛りの高さを調整できます。標準1
  設定が終了しましたら「OK」ボタンを押してください。
  
B ルーラの位置と長さはマウスで変更できます。
C ルーラの色と文字の大きさは画面下のプロパティツールバーで変更できます。
  
 
3、平行距離
   階高など平行な距離を測定する場合に便利です。
@ 測定メニューの「平行線を」を選択します。
  
A 基準となる2点をマウスでクリックしますと、マウスポインタ先端に平行な直線が表示されます。
  
B 測定の対象となる部分までマウスを移動し、クリックします。
   必要な測定箇所に続けて実施します。
  
    C 測定箇所の指定(マウスクリック)が終了しましたら、マウス右クリックを実施しメニューを表示して ください。
      
      距離を選択しますと、サブメニューで絶対と相対を表示します。
  絶対:最初に作成した基準線からの絶対距離を測定します。
  相対:指定した平行線間の距離を測定します。