第3章 オプション」メニュー   
1、環境設定コマンド
  改修工事の作業をする前に環境設定を行ってください。環境設定は「オプション」メニューの「環境設定」コマンドで行います。
  コマンドを選択すると「環境設定」ダイアログボックスが表示されます。以下のタブ上でそれぞれの設定を行って下さい。
   
1)「ファイルを開く方式」
     ファイルを開く場合の方法を指定します。
@ 標準ダイアログ:マイクロソフト標準のファイルを開くダイアログを使用します。
AImageエクスプローラ:フォルダツリーと画像プレビューが同時に確認できます。
 

 

 
2)「画像のUndo/Redo回数」
   画像の画質調整や回転画像へのオブジェクト結合などの画像加工操作を「元に戻す」や「やり直し」の回数を設定します。
     回数が多すぎますとメモリの使用量が増大します。ご使用になる画像サイズとメモリ容量で決定してください。
    3)「カーソル」
  測定時のマウスポインタの形状を選択抱きます。使用しやすい形状をお選びください。
   
4)「入力種類選定」
 

 

 

 

   ファイルを開く以外に画像入力機器から直接画像を取り込むことができます。
 

 

対応している入力機器
@ TWAIN対応の機器
スキャナ等を使用する場合に、選択すると「詳細」ボタンが選択可能になり、ボタンをクリックすると「 TWAINの対応機器」ダイアログボックスが表示されます。TWAIN対応機器が接続されており、さらにTWAIN対応のソフトウェアがインストールされていると自動的にそのソフトウェアを認識して「TWAINソース」リストボックスに機器名を表示します。入力に使用する機器名を選択して「OK」ボタンを選択してください。
A DirectX対応の機器
  アナログCCDカメラとDirectX8.0a以降に対応する画像キャプチャーボードの組み合わせやDirectX対応UCBカメラが使用できます。
推奨機器は付録.Aをご参照ください。
     
2.「スナップ設定」コマンド  
    スナップ設定には、3種のスナップが有ります。
 
 
@ グリットスナップ
  1)グリットとオブジェクトのラジオボタンを選択します。
2)グリットにチェックを入れます。
3)間隔 : 基準点座標で入力した単位で1グリットの間隔を指定します。
  グリット数 : グリットラインの表示間隔数を入力します。
A オブジェクトスナップ
  作成した、トレースラインのアンカーポイントにスナップします。
B ポイントスナップ
   トレース時にマウスクリックで選択する測定ポイントの位置を、画像処理で自動的に近隣の画像特徴点へスナップする機能の設定をします。設定値の単位は全てピクセルとなります。
1)ポイントのラジオボタンを選択します。
2)「スナップ可」チェックは、スナップを有効にするか無効にするかを選択します。
3)「規定値」ボタンを押しますと、当社出荷時の設定に戻ります。
4)サイズ項目の「スナップ範囲」は、マウスクリックしたポイントを中心に、設定値のピクセル範囲で特徴を捜索します。
5)サイズ項目の「ノイズ」は、捜索範囲内で削除するノイズの面積を指定します。
6)オフセット項目の「ベクトル」は、マウスクリックした点と捜索された点を結ぶ直線上で捜索された点から設定された数値分だけ測定ポイント移動します。
7)オフセット項目の「閾値」は、捜索範囲内で特徴を抽出するための2値化処理の閾値を自働で求めます。求められた閾値をさらに設定した数値分移動することが可能です。
8)「OK」ボタンを押しますと次からの測定時に有効になります。